宮城県石巻市|学習塾|C3(シースリー)進学アカデミー|高校受験|個人指導・グループ指導

 

C3奮闘日記

 

C3奮闘日記を始めます。

C3奮闘日記を始めます。
 
ここでは、C3進学アカデミーの学習指導法や成績アップの秘訣をご紹介いたします。
 

2016年度、C3奮闘日記

2016年度、C3奮闘日記
フォーム
 
気になるお子様の姿(Vol.20)
2017-06-23
  「書を読む(読書)」についてです。
 先日、高校生と話をしていると、「毎日、夜に本を読もうかな」という話が出てきました。そこで、なぜ読むのかを聞いてみると、国語の成績を伸ばすことが目的のようでした。そこでのアドバイスを聞いていただければと思います。
 
本を読む上で、学生が目指すゴールは主に2つです。
①国語の成績を上げるため ②人として成長するため(趣味も含む)
 ①の場合、本を読むよりも問題集を買って毎日1題解く方が効果的です。なぜなら、自分で本を読む場合、正しく読めているかの確認ができないからです。問題集ならば、答え合わせができます。間違った読み方でいくら読んでも、国語力は上がりません。言葉の数は増えるので、何もしないよりはいいのですが。
 ②は受験が終わった後にどんどんしていただければと思います。人として成長するために、読書はとても優れています。
●成功者の考えや行動が学べる。●他人が何年もかけて学んだことを知ることができる。などなど…でも、“読んだら、行動すること”が大切です!!!
 
以前おすすめして好評だったのが、『まんがでわかる 7つの習慣』です。原書で読んでいただいた方もいるようです。今回『誰でもできるけれど、ごくわずかな人しか実行していない成功の法則』もおすすめします。是非読んでみて下さい。
 
気になるお子様の姿(Vol.19)
2017-06-16
「スーパーキッズ(C3・FronTier)」をご紹介します。
 その前に、まず小学生の学習は非常に難しいということを説明します。小学生の学習の難しさは①小学生自身ができているのか、できていないのかを把握できていない。②周囲が出来を把握することも難しい。③中学生のような学問とは違い、公式に当てはめるような問題ではなく、思考力を問うような問題が多い。などが挙げられます。
 思考力は“〇つ”と数える年齢(9歳)までに形成されると言われており、早い段階で伸ばしてあげることが重要です。小学生が自分自身で思考力を身につけるというのは大変難しいことです。低学年の学習はできているように見え、軽視されがちですが、実は非常に重要なのです。大抵の場合、中学生になって、期末テストの結果を見てようやく気付くのですが、小学校の6年間は実に大きな差を生み出しているのです。
 さて、4月から矢本校とFronTierでスーパーキッズ(小1~小4)がスタートしました。住吉校は開講から1年を迎え、11名が参加しています。その名の通り、“スーパー”キッズが通ってくれているこの講座、どんな講座なのでしょうか?
 住吉校は月曜日、矢本校・FronTierは水曜日の16:00~16:50で、毎回、国語と算数を学習しています。学年によって内容が違うので、それぞれの進度で進めています。
 スーパーキッズでは自学力を身につけることと学習習慣を身につけることが目標です。自主勉チャンピオンやハイタッチ、シールやお菓子など中学生とは違った内容ですが、大人気です。ぜひ一度ご見学下さい。お友達もいつでもお誘いください。ご興味のある方はまずお問い合わせ下さい。お待ちしています。
 
気になるお子様の姿(Vol.18)
2017-06-09
  「お母さんも学んでみませんか?」。春は何か新しいことを始めるのにもってこいの季節です。大人も勉強を始めませんか?子供は学ぶべきことがはっきりしています。テストがあり、良ければ褒められ、悪いと怒られます。だから勉強するという子も多いかもしれません。大人は、テストがありません。目に見える結果は仕事によってはあるかもしれませんが、子供に比べると少ないかもしれません。不公平ですよね。テストがないから大人が勉強しなくてもよいかというとそんなことはありません。子供のお手本となり、子供に指導するためには実は学ぶべきことがたくさんあります。残念ながら、日本ではほとんど教えてくれる人がいません。特に子育てや家庭、家計についてなど大切なことはなかなか学べません。子育てに関しては、コーチングやアンガーマネジメントなどなかなか耳にする機会もありません。今回はアンガーマネジメント(怒らない伝え方)を少しお伝えします。まず、私たち親は私たち自身が受けた教育に大きく影響を受けています。それが正しいかどうかは別です。ということは、私たちの教育も子供にとってはお手本となります。だからこそ、正しいものが必要です。私たちが学ぶのは、私たちのためではありません。子供や孫のためです。
 怒りに関してですが、怒りは決してそれ自体が悪い感情ではありません。でも、怒ってから罪悪感を感じたことはありませんか?怒りは期待や理想を表す「べき」が裏切られたときに生まれる感情です。また、上手な人は自分の思いを、率直に正直にその場に合わせて表現する『アサーティブコミュニケーション』をとっています。自分の感情を上手に伝えることは非常に重要です。伝え方で相手の受け取り方が変わります。詳しく書けないので、書店などで「アンガーマネジメント」の本を探してみて下さい。最後にアドバイスですが、怒りや悲しみに対しては事実を客観的にみることが効果的です。
 
気になるお子様の姿(Vol.17)
2017-06-02
 「成功の秘訣」についてです。これまで、様々な内容についてお伝えしてきましたが、成功するために重要なことは実はシンプルです。「すぐやる」ことです。これは、勉強に限った話ではありません。子供も大人も関係ありません。全てに通じることです。林先生が言っていた「今でしょ!」は本当に名言です。「そんなの当たり前でしょ」と思ったあなた、今週1週間の自分の行動を振り返ってみて下さい。「あと5分寝ようかな」「10時になったら始めよう」「今日は忙しいから、明日にしよう」とか絶対に先延ばししていますよ!!!
 「すぐやる」で大事なのは①すぐ(本当に思った・気づいた瞬間)②やる(行動しないとダメです。思っただけでは何も変わりません)。例えば、「今やろうと思ってたのに…」。このセリフに覚えはありませんか?「今」って言っているのに、やってませんよね。人は無意識のうちに先延ばししているんです。この“無意識”を“意識”しないと変われません。もし、思った瞬間に行動できるようになったら、あなたも私も生まれ変われますよ!一緒にすぐやる人になりましょう。「すぐやったら失敗するでしょ」と思ったあなた、行動しないことこそが失敗です。エジソンは他人の何倍も失敗したそうです。それだけ行動力があるから、天才と呼ばれるんでしょうね。やらない=先延ばしです。人生は短いです。先延ばしばかりしていたら、やったことよりやらなかったことの方が多くなりますよ。
 “考える”と“悩む”は似たような言葉ですが、意味はまったく違います。“考える”とは「論理的に、解決を導くために頭を使うこと」、“悩む”とは「行動に結びつかないように考えること」だそうです。まず、やってみるのが成功の近道です。
 
気になるお子様の姿(Vol.16)
2017-05-26
「GRIT(グリット“やり抜く力”)」についてです。毎日見ていると生徒には2パターンあることに気付きます。①毎日必ずやるべきことをしっかり終わらせて帰るタイプ。②終わらずに中途半端で帰ってしまうタイプ。授業内容だけでなく、宿題が終わっていない可能性も非常に高くなります。もちろん成績が上がるのは、①のタイプです。1日レベルで差がつくので、1週間、1か月、1年、10年と考えていくと人生で大きな差となります。まずは短いスパン(期間)で目標をクリアすることが大切です。その積み重ねが大きな成功へとつながります。あなたはどちらを選択しますか。すべてはあなたの選択次第です。
 さて、GRITについてですが、アメリカの研究者によると、“「才能」では成功できない”ということです。「成功する者」と「失敗する者」を分けるのは熱意と努力、やり抜く力です。努力と才能の「達成の方程式」というものがあり、才能×努力=スキル、スキル×努力=達成となります。「達成」を得るには「努力」が2回影響します。努力でスキルを磨き、そのスキルを努力で活かします。「努力」はすぐに成果を生み出すものではないかもしれません。逆に「才能」はすぐに結果をもたらすかもしれません。しかし、やり抜くことが重要だと理解すれば、努力を続け大きなものが必ず得ることができます。結果が出なければ、才能のせいにしがちです。しかし、結果を才能の産物と考えるのではなく、努力の産物と考えることで私達は大きな成果を得るのです。才能ではなく、努力が達成を生むのです。まずは、日々小さな努力(達成)を積み重ねていきましょう。
 

2015年度、C3奮闘日記

2015年度、C3奮闘日記
フォーム
 
限界突破合宿Ⅱ 全員制覇しました!!
2015-12-28
 12月26日(土)、27日(日)に限界突破合宿Ⅱ(数学漬け合宿)を開催しました。
 
 一見過酷な合宿のようですが、参加した生徒はみんな笑顔です☆みんな黙々と数学の問題を解きまくります。この合宿の大変なところは、24時間ずっと脳をフル回転させているところです。朝方の5時頃からは、脳の疲れが出てきたようで手が止まる生徒が何人かいました。それでも、自分の限界を突破しようと、絶対に折れません!!
 
 最後の認定試験では、全員合格して限界突破合宿Ⅱを終えました。こんなつらい合宿をして何になるの?と思う人もいるかと思いますが、人が夢や目標を叶える時に最も必要なスキルは「非認知スキル」です。どれだけ努力できるか、どれだけ忍耐できるか、といった目標・夢に向けて突っ走る力です。やはり最後に勝つのは、頑張る人です。
 
 C3進学アカデミーとFronTierに通う生徒はみんなすごい努力家です。きっと、今思い描いている夢を叶えることでしょう。
 
 
 
期末テストで失敗する原因。
2015-12-07
 期末テストが終わりましたが、良い結果を残すために必要なのは正しい行動です。期末テストであなたが望む点数を取るための正しい行動を再確認します。早い人はすでに次に向けて行動していますよ!

①塾の授業でフォレスタの内容をしっかりと理解します。2度目で覚えればいい、後でもう一度復習しようという考えは行動や思考を鈍らせます。その場で解決することが何よりも重要です。また、授業日に理解することで翌日以降の宿題をスラスラ解くことができます。ここでの注意点は、日付・○×をつけること、解きなおしをして抜けを作らないこと、授業内容で分からないことがないようにして帰ることです。

②宿題は毎日決まったページを期日までに行いましょう。忘れる前に宿題で復習することで学習した内容が定着していきます。もし宿題をしないと、せっかく塾で学んだ内容がすべて無駄になります。

③学校の授業に積極的に参加しましょう。塾の授業は学校の授業を分かりやすくする補助的なものです。本末転倒で逆にしてしまっている生徒を見かけます。学校の授業が期末テストで良い点をとる最も重要な要素です。学校の授業が分かるように私達は先取り授業をしています。

④期末テスト対策で自分のできない所にもう一度じっくり取り組みます。ワークを国4周、理社3周、英数2周丁寧に行い、教科書・プリント・ノートまでチェックできれば完璧です。しっかりやったのに…という方は同じ単元ばかりを学習していませんか?素早く最後までいって、もう一度最初からを繰り返してみて下さい。
 
休日の過ごし方で次の1週間が決まる!!
2015-12-07

 仕事や勉強は「オン」、「オフ」で考えない方がよいです。休みの日に、仕事や勉強に使うエネルギーの電源を一回切ってしまうと、月曜日に必要以上のエネルギーが必要になってしまいます。月曜日からの仕事や勉強が「嫌だなぁ」と感じてしまいます。日曜日に「サザエさん」を見て、「明日からまた仕事だ~」、「明日、学校だ~」なんて重い気持ちになっている人はすでに危険な状態です。

 

 お勧めの考え方は、高」、「低」で考えます。休日中の自分の中の仕事や勉強に対するエネルギーを「低」にしておくのです。休みの日は、もちろん遊んだり、休んだりします。でも、どこかの瞬間で月曜日以降の仕事の流れや宿題などについて意識しておくのです。できれば、10分~30分実行するともっと効果的です。

 
 
成績を上げるのはIQではない!!
2015-11-18
 就学前の教育で、将来の可能性が大きく変わる!!アメリカのヘックマン教授の2つの研究が注目されました。
 

 ①就学前に教育を受けた子供と受けなかった子供では、将来の学歴・収入に大きな差が出た。つまり、就学前の教育が小学校、中学校での学習姿勢を構築すると言える。その結果、30年後・40年後の生活に影響が出るのだろう。

 

 ②就学前教育には、学力以外の能力=「非認知スキル」を伸ばすのが最も効果的である。非認知スキルとは、学習意欲、忍耐強さ、やり抜く力など数値化できない能力である。IQを伸ばすことは困難だが、非認知スキルは後からでも伸ばすことができる。

 

 小学生・中学生でも「非認知スキル」を伸ばせば、必ず成績が上がります。当塾で行っている「コーチング」を実践すれば、「非認知スキル」が伸ばせます!!

 
「学習性無力感」に注意!!
2015-10-13
  「学習性無力感」という言葉があります。マーティン・セリングマンという心理学者が提唱した考え方です。

 こういう実験があります。犬を逃げられない状態にして何十回も電流を流す。犬は逃げよう、逃げようとするけれども、どうしても逃げられない。そのうちに自分は逃げようとしても無理だと分かり、甘んじて電気ショックを受け続けるようになる。最後には、逃げられるように鎖を解いてやっても逃げなくなる。

 これは犬の実験の例ですが、ここで何が証明されたかというと「いろいろな事をやってみたけれど、私じゃだめだ。何をやってもだめなんだ」というあきらめを学習しているんです。その結果「学習性無力感」が出てしまうのです。

 こういった子供に、どうやって学習をやらせたらいいのでしょうか?そこで、「ダメだな」と思っている人にやってはいけないことが2つあります。それは①ご褒美でつることです。勉強=物 という図式が子供の頭の中に完成すると最後の踏ん張りがきかなくなります。2つ目は、②頭ごなしに叱ることです。自分の中に諦めが出ていることを子供は分かっています。自信喪失しているわけです。そこで「どうしてあなたはできないの」と言うのが一番危険です。お父さんとお母さんにお願いしたいことは、こういった状況の時は怒らないで、自信を取り戻させてあげて欲しいのです。

 では、どんな言葉をかけてあげればいいのか。簡単です。「大丈夫、あなたは、私の子供なんだから(^_^)絶対できるよ」と言ってください。人には「承認欲求」というものがあります。人は誰かに認められることが一番のご褒美なのです。そのあとに物質的なご褒美をあげてください。

2

C3進学アカデミー
【あけぼの校】
〒986-0865
宮城県石巻市丸井戸3-2-13
TEL&FAX.0225-98-6076

【住吉校】
〒986-0815
宮城県石巻市中里2-1-10 3F
TEL&FAX.0225-98-5505

【矢本校】
〒986-0815
宮城県東松島市矢本字上河戸73‐2
TEL&FAX.0225-25-7890
──────────────
高校受験対策
≪対象≫
小学1年生〜中学3年生
──────────────

現在生徒募集中!
【受付時間】
平日 月曜日〜金曜日
午後3:00〜午後7:00

<<株式会社 BRIDE Academy>> 〒986-0865 宮城県石巻市丸井戸3丁目2-13 TEL:0225-98-6076 FAX:0225-98-6076